通夜や告別式など…お葬式でのマナーについて

MENU

通夜香典の相場

通夜の香典の相場は
あなたと故人との間柄により変わってきます!

 

家族や親戚以外の人が亡くなった場合の香典は、いくらぐらい包んだらいいでしょう?

 

以下のような金額になります。

 

○会社関係
勤務先の上司や部下、同僚だけでなく、その家族の方が亡くなってしまった場合の香典は、その方との関係によって決まります。目安としては3,000円〜20,000円。金額に幅があるのは、年齢によって異なるからです。目安としては、20代であれば3,000円〜5,000円、30代と40代では5,000円〜10,000円、50代では5,000〜20,000円です。

 

○友人や知人
親しい友人や知人、そしてご家族の方が亡くなってしまった場合の香典は、その人との関係から決まるものとなります。目安としては、5,000円〜10,000円です。

 

○ご近所さん
ご近所やその家族の方が亡くなってしまった場合では、その方との関係で決まります。相場としては、3,000円〜5,000円です。

 

上記の金額はあくまでも目安であり、必ずしもこの通りにやらなければいけないということはありません。あくまでの参考に、その時の状況や自分自身の気持ちなどで最終的には判断していくといいでしょう。

 

 

上の金額が払えない場合、
常識無い人とみなされ
これから付き合いに影響がないとも限りませんので、
キャッシングしてでも払うことをおすすめします!

 

最近のキャッシングは30日無利息なので、
お金がある時、例えば給料日にでも一括返済したら
利息はかかりませんから、安心ですよ!

 

 

30日間の無利息キャッシングで1番人気はこちら

 

30日間の無利息キャッシングで2番人気はこちら


親や兄弟が亡くなってしまったら…

もしも身内が亡くなってしまったら…その場合、血の繋がりがある自分も香典を出さないといけないのでしょうか?そうした疑問を持つ人も少なくありませんが、基本的にはたとえ身内であろうとも喪主以外の人は香典を出すものとなっています。ですが、身内とはいえ亡くなった方と一緒に住んでいる、もしくは別で暮らしていて生計も別である…といった2パターンに分かれます。この違いからも、香典を出すか出さないか決めるケースがほとんどです。

 

例えば、夫または妻は亡くし、喪主はその子どもが務めた場合…この場合では、残された夫もしくは妻は香典をだしません。また、両親が亡くなってしまった場合…息子や娘が同居しており喪主を務めるとなると香典は必要となりません。ただ、別に住んでいる兄弟の場合は香典を出すものとなります。祖父母が亡くなった場合では、結婚して家庭を持っている孫は同居していようが別で暮らしていようが、どちらでも香典は出します。ただし、独身の孫の場合で、喪主が自分の親である場合は別。孫も喪主側になりますから、香典は出さないものとなります。

 

そして、両親が亡くなった場合の香典の目安は10万円前後兄弟姉妹が亡くなった場合の香典の目安は、3万〜5万円といわれています。

 

身内とはいえ、血の繋がりがあったりなかったりする親戚ではどうでしょうか?親戚が亡くなった場合の香典はどうしたらいいのか…迷うところです。この場合では、結婚しているかどうか…つまりは所帯を持っているかどうかが判断基準となります。ちなみに、結婚していて親と同居している、もしくは同居していないといっても、親戚の場合では香典を出さなくてはいけません。独身の場合では、親と一緒ということで出さなくても差し支えはないでしょう。ただ、独身とはいえある程度の年齢…社会人であれば、香典は出すのが一般的です。日頃、付き合いがほとんどない親戚の場合は、親が代表として香典をだす…といった形がとられることが多いので、子どもが出す事はあまりないといえます。

 

その香典の目安は、おじさんやおばさんが亡くなった場合は1万〜3万。親が出す金額よりも少なめにします。

 


香典に新札はNG?

香典を包む際に気をつけたいのが、お札の状態です。昔から「お祝い金には新札、香典には使い古しのお札を」なんていわれています。おうした考えは、香典に新札を包んでしまうと、あらかじめ用意しておいたように思われるからです。最近ではこの考えもなくなってきていますが、気にされる方もいるので、できれば古いお札で用意したほうがいいでしょう。もしも新札しかない場合は折り目をつけるなどして、使用感を出すといいです。


悩む香典

 

 

昔に比べて、今の時代の葬儀費用はお金がかかるものとなっています。香典を包んでお渡ししますが、そのお金には故人への供養はもちろん、一部の葬儀費用を負担するといった意味合いもあります。昔は故人への供養を意識する面が強かったのですが、近年における葬儀費用の高さに、葬儀費用負担の意味合いの方が強くなってきています。とはいえ、大金を出すのは失礼。意味合いが違ってきているとはいえ、昔からのルールが完全に変わったわけではありませんし、年代の違いによる考えの違いもあります。昔からのルールを守りつつ、そうした背景を知っておく事は必要と言えるでしょう。

 

お葬式で出す香典の金額は、故人とのお付き合いの深さで決まりますし、香典を出すか出さないかも立場によって変わると…簡単には決められない面があります。そのため、「自分はどうしたらいいのか?」と疑問に思ったり、「これで大丈夫なのかな?」と不安に思うことも少なくありません。それぞれの立場や家庭の事情で変わってくる香典事情…適切に対応するには、まずは一般的なマナーや事例を知っておくといいでしょう。それらの事例に自分たちの立場などを照らし合わせていくと、判断もつきやすいものとなります。


更新履歴