香典の準備で迷うのが包む袋ですが、宗教によって異なります

MENU

仏式・神式・キリスト式で違う不祝儀袋

香典を用意するとなると、それを包む袋が必要となります。不祝儀袋と呼ばれるこれは、宗教によってさまざまなスタイルをとっており、模様なども若干の違いがみられます。表書きなどにも注意が必要で、残された遺族に対して失礼のないように選ばなければいけません。宗派に強いこだわりを持っている方もいるので、不祝儀袋はもちろん表書きや中袋のかき方など…一般的なマナーは知っておくようにしましょう。基本的には、表書きや中袋の書き方などはお祝いで使う祝儀袋と変わりません。仏教とキリスト教、そして神式とありますので、故人とご遺族の宗派にあった対応をします。

 

仏式の不祝儀袋には、「御霊前」「御香典」「御香奠」「御香料」といった種類があります。10,000円以上のお金を包む際には、豪華な飾りがついた不祝儀袋を。5,000円〜10,000円内であれば黒と白の水引きがされている不祝儀袋、5,000円までであれば水引きが印刷されている不祝儀袋を使います。不祝儀袋の中には「御仏前」と書かれたものもありますが、これは一般的には四十九日以後の法事に使います。ただ、浄土真宗におていは、葬儀でも「御仏前」と書かれた不祝儀袋を使います。

 

神式では、「御玉串料」「御榊料」「御神前料」「御神饌料」などがあります。その多くが銀の水引が使われています。不祝儀袋には蓮の模様が描かれているものもありますが、これは仏用となりますので、銀の水引が使われているのはNG。また、のしはつけません。

 

キリスト式では、宗派によっても異なるものとなります。カトリックやプロテスタントなどでは「御花料」と書かれているもので、白無地でもかまいませんが、水引きやのしは不要です。カトリック教会の葬儀では「御ミサ料」と書かれている不祝儀袋を選びます。


香典の基本

香典を包む不祝儀袋は、故人やご遺族が信仰する宗教を配慮して選ばなくてはいけません。仏教なのかキリスト教なのか、神式なのか…詳しく知っている場合は、それに合わせ不祝儀袋を用意します。ちなみに、どの宗教でも共通して使えるのが「御霊前」でありますので、もしも故人やご家族が信仰している宗教がわからない場合はこれを使用します。ただ、蓮の模様がある場合は仏式となること、浄土真宗やキリスト教のプロテスタントでは正式な形にはなりませんので注意が必要です。

 

そして、不祝儀袋が決まったら、自分の名前などを書き込みます。この時、マジックやボールペン、サインペンなどを使って書いてはいけません。大変失礼な行いになりますので、注意しましょう。不祝儀袋で使うのは「筆」です。しかも、薄墨。これは、悲しみの涙で文字がにじんでしまう…といった事から。ない場合は、薄墨の筆ペンなどで代用するようにしましょう。文房具店で簡単に購入する事ができますので、いざという時の為に準備しておくといいでしょう。

 

また、不祝儀袋やのし紙には、一般的に黒白の水引が用いられていますが、正式な色でいうであればです。いつしか黒白が定着したのです。さらに水引の本数ですが、これは2本や4本でやるものでしたが、近年では5本、7本と束ねた水引きが増えてきています。


香典の渡し方記事一覧

そもそも、香典とはど...