香典を用意したものの、いつ渡せばいいのでしょうか?

MENU

香典はいつ渡す?

そもそも、香典とはどういう意味があるのでしょうか?香典は、もともと死者の霊に手向ける香の料です。つまり、香を持参する代わりにその代金を持ってきた…ということ。「このお金で故人に捧げるお香をお求め下さい」という意味が込められているのです。

 

昔の葬式では、米や麦、食料、お酒などを皆で持ち寄りました。これは故人との最後のお別れとしてです。それが時代の流れの中でどんどん形を変えていき、やがて香や花が弔慰を表すものにかわっていったのです。さらに、今ではお香などの必要なものは持ち寄りから喪主が用意するものに変わっています。そうしたことからも、用意した現金で買って手向けて欲しいと、今の香典の形になったのです。さらに、葬式にかかる費用は年々上がってきていますので、そうした費用に充てて欲しいといった意味合いも持つようになってきているのです。

 

香典を渡すタイミングですが、一般的には通夜か告別式であり、どちらでもかまいません。なかには、お通夜に香典を添えたものの金額が少なかったと思いなおし、告別式で再び供える人もいるようですが、これはNG行為です。2度も香典を持ってくるということは、不幸が度重なるといった意味にもとれるからです。

 

不幸があった事を知った時点ですぐに駆けつけた際には香典は不要です。突然の事にご遺族も心が平静ではなく、亡くなった事を受け入れられない状態にあることもあります。そんな時に香典といった、亡くなったことを強調するようなものを持っていったら、いくらなんでも嫌な気持ちになります。また、訃報を知って急遽駆けつけたはずが香典を用意していた…なんて、前もって用意していたと思われても不思議ではありません。


お通夜や告別式に出席できない場合は?

不幸があった場合、お通夜や告別式で香典を渡します。ですが、仕事で遠方にいたなど…やむをえない理由でどちらにも出席できないこともあります。そんなときはどうしたらいいのでしょうか?

 

どうしても出席できない場合は代わりにいってくれる人…つまりは、代理を立てるのもやむをえません。が、この代理を他の弔問者にお願いするのはNG。こうした場合は、後日に改めて弔問し、その際に香典を持参するようにしましょう。

 

また、遠方に住んでいてどうしても出席できない…なんて場合では香典を郵送してもいいのですが、現金をそのまま送ってはいけません。必ず不祝儀袋に入れてから送るようにします。そして、表書きや中袋の住所、氏名、金額などを記入する事を忘れずに。香典を送る時は現金書留を利用しますが、その封筒に住所が書かれているからといって香典袋に記入しないでいると、他の方から頂いた香典袋と一緒にした際などにわからなくなります。

 

表書きは宗教がわかっている場合はそれぞれの宗教のやり方に従いますが、不明な場合は蓮の柄が入っていない無地のもの。「御霊前」であれば仏式、神式、キリスト式のいずれでも使えますが、浄土真宗の場合は「御仏前」なのでちょっと気をつけたいもの。

 

よく間違えやすいのが「御仏前」。「御仏前」は仏式の四十九日以降の法事で使用し葬儀では使いませんので、間違わないように気をつけましょう。