お通夜や告別式などで恥をかかないためのマナー集

MENU

時間はしっかりと確認

お葬式はお通夜と告別式とありますが、本来は遺族や近親者、親しい友人といった故人と深い関わりがあった人が集まって別れを惜しむのがお通夜そこまで親しくない関係では告別式に参列する形となっていました。ですが、最近ではお通夜か告別式のどちらに出席してもよい風潮となってきており、おつきあいの度合いや立場で参列するかしないかも変わるように。いろいろな関係、立場があるので、ケースバイケースで判断していく事も増えました。ここでは、一般的な仏式に関してご紹介していきます。

 

まず、訃報を知ったら、お通夜と告別式の始まる時間をしっかりと確認します。最近のお通夜は、昔のように一晩中おこなわれることも少なくなってきており、夕方の2時間程度で終わる半通夜といった形をとられることがほとんど。ですから、始まる時間をしっかりと確認し、早すぎず遅すぎないように注意して訪問するようにしましょう。

 

ただし、通夜や親族者だけで…と考えている方もいますので、遺族の方から通夜の日時を知らされなかった場合は、世話役などに通夜の日時を尋ねます。このときに、「内輪で済ませる」などの話が出たら、お通夜への出席は遠慮するようにします。

 

また、通夜には出席できたけど告別式には出席できない…なんて場合は、通夜式が終り退席する際に、出席できない事情とお詫びを世話役や遺族の方に伝えておきます。

 

香典の持参については、通夜と告別式の両方に出席する場合は、どちらに持ってきていもいいですが、通夜に持参する人が多いようです。通夜に持参した場合は、葬儀告別式での受付では記帳だけで大丈夫です。地域によって習慣が異なることもあるので、その土地のしきたりに詳しい方に聞いておいてもいいですね。


弔問での服装

弔問の際には、お化粧やアクセサリーは控え、地味な服装を心がけるようにするのが故人や遺族へのマナーです。訃報はいつ受けるかわかりませんので、喪服は用意しておくようにしましょう。

 

一般的に、男性は黒やダークスーツ程度、女性は黒もしくは地味なワンピースなど。もしも訃報を聞いたのが勤務先などで、そこから直で駆けつける場合は、黒いネクタイや地味なスーツであれば問題はありません。女性の場合は、スカート丈に注意。あまりにも短いのは動きにくいですし、他の弔問客に不快感を与えます。最近ではパンツスーツも礼装になると考えられてきているので問題ありませんが、ベーシックなデザインで幅があるほうがいいでしょう。

 

また、アクセサリーですが、基本としては結婚指輪意外はつけてはいけません。真珠の指輪も微妙なところ。正式なマナーとしては、ネックレス・指輪・イヤリングなどのアクセサリーはつけないものとなっています。ただし、白や黒の真珠やオニキスのネックレス、シンプルなデザインの一粒イヤリングなどは可。白い真珠は悲しみの涙を表します。ただし、ネックレスの場合は一連もので、2連ものはダブー。重なる事を意味してしまうので、弔辞ではNGなのです。


お葬式のマナー記事一覧

通夜式に出席する際に...

お通夜の後は、葬儀と...

会場に着いたら係りの...