葬儀と告別式での一般的な流れをご紹介します

MENU

葬儀式と告別式の式次第

会場に着いたら係りの誘導に従って席に着きますが、なかには係りの人がいない場合もあります。葬儀における席次については、大体でいいので把握しておくといいでしょう。間違った席に座ってしまうと、ひんしゅく物となります。ここでは仏式の葬儀と告別式を紹介します。

 

まず、一般的には祭壇に向かって右側が遺族、親族、そして近親者の席となります。左側が故人とゆかりの合った方が座ります。場合によっては違うこともあるので、係りの人などに確認、もしくは指示を受けるようにします。

 

葬儀と告別式の式次第は、まずは葬儀式からおこないます。参列者が着席したら僧侶が入場し、葬儀開式の辞を述べます。読経、引導、弔事朗読、弔電紹介と続き、読経する中で僧侶が焼香し、喪主や遺族が焼香していきます。僧侶が退場したら葬儀閉式の辞を述べます。これで、葬儀式は終了です。

 

次に告別式です。僧侶が入場し、告別式開式の辞が述べられたら読経を始めます。一般会葬者が焼香をし、僧侶が退場。閉式のあいさつをもって告別式は終了となり、出棺、喪主のあいさつとなります。

 

近年では葬儀式と告別式が曖昧になってきており、略式でおこなわれる事も多くなっています。はっきりとは分けずに並行しておこなわれることもありますが、焼香の順番としては僧侶、喪主、遺族の後に会葬者となりますので、間違って我先にとやらないようにしましょう。


出棺と火葬場への同行

遺族や親族が、故人との最後のお別れを済ませると出棺です。一般会葬者にとっても、故人を見送る最後の儀式になります。焼香が済んだらさっさと式場を出てしまう人もいますが、これはマナー違反です。出棺はできるだけ見送るようにするのがマナーなのです。

 

この出棺は、告別式が終わってもすぐにはおこなわれませんので、一般会葬者は外で待つこととなります。この時、久しぶりに会う知人や友人がいるかもしれませんが、あまり話し込んでしまわないように注意しましょう。また、冬の寒い時期はコートを着ていてもいいですが、出棺する際には脱ぎます。棺が運び出され霊柩車にのせられると、遺族からあいさつがありますのので静かに聞き、霊柩車を見送る際には合掌もしくは黙礼をします。

 

火葬場に同行するのは、遺族や親族などの近親者、そしてごく親しい人だけです。もしも同行を希望する場合は、事前に世話役などに相談しておきましょう。直前になって遺族たちの車に乗ってはいけせん。逆に、喪主から「ご一緒にどうぞ…」と声を掛けられた場合では、同行できるようであればそのまま一緒にいきます。ですが、同行できない場合は断ってしまっても大丈夫です。その際には、「申し訳ございませんが、時間の都合がつきませんので…」などと丁寧に断るようにします。

 

ちなみに、訃報を受け取っても出張中や入院など…どうしても葬儀式や告別式に参列できない場合は、代理出席や弔電を打ちます。弔電は葬儀や告別式の前日までには届くように申し込みます。弔電は故人の冥福を祈るだけでなく遺族へお悔やみの心を伝えるもの。葬儀の時に読み上げられますので、忌み言葉やわかりにくい言葉は使わないようにします。

 


関連ページ

参列のマナー
通夜式に出席する際には、その服装や香典に気をつけなくてはいけません。 ですが、他にもいろいろと気をつけるマナーがあるのです。
葬儀・告別式への参列
葬儀や告別式などへの参列にはマナーがあります。 時代の流れで変わってしまったこともあれば、地域の違いも…ケースバイケースで対応できる臨機応変さも必要です。